四柱推命に開運法はあるか

四柱推命

よく相談者から開運法を教えてほしいと言われることがある。

東洋占術では方位による開運や風水グッズなどで開運を薦めているし、スピリチュアル系であれば水晶などのパワーストーンを薦めている。

しかし四柱推命に開運法はあるのか?と聞かれれば、世俗的な意味での開運法は無いと答えざるを得ない。

四柱推命は人生の栄枯盛衰を明らかにするものです。

またその人の長所や短所。そしていつ長所が伸びるのか。いつ短所が大きく出てしまうのか。

それを詳細に観ていくものです。

運勢の良い時期には、その人の能力が大きく花開き発展するし、悪い時期には短所ばかりが目に付き人生がうまくいかない。

四柱推命により人生の傾向は、はっきりと分かります。分かり過ぎるほどに。

でも・・・

黄色い財布を持ったら財運が良くなる?

白い服を着たら運命が変わる?

ゴールドのネクタイをしたらビジネス運が上がる?

そういう発想は四柱推命にはありません。

ページトップへ戻る

②運勢を観て対策を立てる

というか、それで運命が変わるんだったら占い師はいりません。

四柱推命にはそういう意味での俗っぽい開運法はありません。

しかし、四柱推命にはもっと実用的で雄大な開運法があります。

それは・・・

一生の運勢の流れと、いつ何が起こるのかを観て、人生の対策を立てることです。 *注1

強い婚期の時期を絶対に逃さず結婚をする。

上昇気流が来たら、一気に乗って上を目指す。

独立を考えている人であれば、独り立ちできるときに独立する。

逆に避けなければならないのは。

最大の婚期が来ているのに、まだ大丈夫といって逃す。

子供はまだ先と言いながら、子供の産める時期をみすみす逃してしまう。

運気が停滞しているのに上を目指して焦る。

独立してはならない時期に独立してしまう。

そもそも独立してはいけない人が独立を夢見る。

四柱推命を知ることにより、こういった取り返しのつかない間違いを避けることができます。

黄色い財布を持つよりも、一生を考えた場合、どちらが有効な開運法かは一目瞭然ではないでしょうか。

四柱推命を学ぶということは人生の知恵を学ぶということです。 *注2

人生に起こる出来事を100%言い当てることは不可能ですが、人生の運勢傾向を100%言い当てることはできます。

自分を知るということは人生を知るということです。

四柱推命は自分を知るためにあるのです。

注1)人生の対策よりも目の前の問題の対策を相談者は求めており、そこに応える鑑定が重要。

注2)人生の知恵を学ぶというのは、四柱推命を使う当人にとっては大変に意義深いものですが、相談者にとっては必ずしも必要というわけではありません。占術から生き方を学ぶというのは占術に対する真摯な態度として素晴らしいものですが、術として使い相談者の悩みに応える際には、その考えは切り離して鑑定する方がいいと思います。そうでないと占い師の人生観を相談者に押し付けることになりかねず鑑定としては、むしろマイナスになるかもしれません。

関連:  いつもの自分と違うのが空亡

ページトップへ戻る

③与えられた中で最善を生きる

四柱推命に開運法は無いと書きました。

でも、それではあまりにも救いがないので、もう少し開運法について書くことにします。

四柱推命で観ると、その人の長所と短所がはっきりと分かります。

長所はその人の才能と言い換えてもいいでしょう。

そして後天運を観ることにより、その才能がいつ芽を出して活躍できるのかが分かります。

しかし・・・これでは、じゃあ、俺は活躍するのに才能が花開く運気が巡るまでじっと待たなければならないのか?

才能が発揮できるのが80歳なんて出たら、俺の人生ぼろぼろか?

単純に運気の流れ云々で言ってしまうと、そういうことになります。

でもですよ、後天運が巡ってきてもこなくても、元々の生まれの中で、誰でも才能の種は持っているんです。

後天運というのは、その才能の種に水をやり、太陽の光をあてて育ててくれる運気のことです。

ですから後天運の助けがあると、才能の芽が大きく育ち、活躍の場がでてくるわけです。

しかし、そうなると誰でも思うことがあります。

自分の才能が分かって、それを発揮するように努力する。

自分の能力に従った職業選択をする。

そうすれば後天運が巡ってくるのを待たなくても、今の自分の運勢の範囲上限のベストな人生を歩めるのではないか?

その通りです。

それが四柱推命式の開運法です。

結局、四柱推命の開運法というのは、自分を知るということです。

【人生失敗するパターン】

自分を知らない→何をしていいかわからないけどがむしゃらに努力する→自分に合わなくて結局失敗

【人生成功するパターン】

自分を知る→得手不得手を知った上で自分の道で努力する→自分に合っているので成果がでる。

たとえ小さな失敗でも、それを積み重ねれば、いずれ大きな失敗につながります。

しかし、たとえ小さな成果でも、それを積み重ねれば、いずれ大きな成果につながります。

自分を知らなければ努力もできません。

四柱推命の開運法は時間はかかるけれども、確実な人生改善法と言えるでしょう。

ページトップへ戻る

2015年7月に「いちばんやさしいタロットリーディングの教科書」をナツメ社より出版しました。リーディング52例を掲載しタロットカード78枚について、正位置・逆位置すべてについて詳細な解説をしています。おかげさまで、2021年8月現在で第15刷発行と版を重ねています。

いちばんやさしいタロット・リーディングの教科書1,980円Amazon

人間関係カウンセリング 手賀敬介@keitaatega 

冷静を装っている裏には自信のなさがあるかもしれない。 早口でまくし立てるように喋る心の内には焦りがあるのかもしれない。 「そのように見えた」というだけではその人の本当の心の状態までは分からない。 表情と心の内のギャップにその人の問題が潜んでいる。2020年09月23日 15:00

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座ではタロットカードの意味を覚える事とリーディング力を身に付けることを同時に学ぶことができます。

いきなり初心者がリーディング力と言われてもピンとこないかもしれませんが、タロットは想像力を働かせれば全くの初心者でもけっこうリーディングができるものです。

逆にカードを暗記することに必死になり過ぎていると、なかなかリーディング力が上達しないというのがタロットです。

タロットはまずは意味に囚われずに自由な発想で読むことが基本です。

そこから徐々にカードの意味をつかんでいきリーディングの幅を広げていくのが最も上達への近道です。暗記から入るのではありません。

本講座では78枚フルデッキを使い、カードの意味をストーリーを通して説明していきます。

そして各カードのテーマとなる意味を覚え、そこから自由にカードを読みながらタロットを学んでいきます。その後に実践的なリーディングのポイントを覚えて、1日講座でしっかりとタロットリーディングができるレベルを目指します。

講座内容

<タロットの基礎知識>

①タロットに秘められた数字と色の意味を掴みタロットを知る

②タロットのストーリーを通してカードを理解する

③大アルカナの説明

④リーディング練習1回目 (自由な発想でカードを読む)

⑤実践リーディングのポイントの説明

⑥小アルカナ(ワンド/カップ)の説明

⑦リーディング練習2回目 (ポイントを踏まえてタロットを読む)

⑧小アルカナ(ソード/ペンタクル)

⑨リーディング練習3回目 (総合的にタロットを読む)

<タロットの実践鑑定での使い方>

①相談内容についての情報の集め方

②未来の出来事への対処法を推測する

③相談者の悩みの原因は本当にそこなのか?

④表に出ない隠された人間関係(原因)を観る

⑤最終結果をより良くするキーカードの探り方

<講座の復習&質問>

分からない点の整理・重要な箇所の復習等

講座で覚えるスプレッド

〇スリーカード

〇二者択一スプレッド

〇ラ・クルース (手賀敬介オリジナルスプレッド)

〇ケルト十字スプレット

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座では、筆記用具とリーディング練習をするので、もしお持ちでしたらタロットカード(ウェイト・ライダー版)をご用意ください。

タロット1日講座のお申込み

1日講座は大門駅(東京)から徒歩5分のセッションスペースで行います。

詳しい場所は講座申込後にご案内いたします。

駅近くの静かな場所で講座を受けることができます。

鑑定について

ご希望の日にちと時間をご連絡ください。

ZOOM/電話鑑定:15分1500円 30分3000円

対面鑑定:30分5000円

鑑定時間は11時〜20時の間のご希望の時間になります。

目次に戻る

ページトップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました