占い師は焦らずゆっくりと

心理

占い師は相談者の人生にどこまで踏み込めるか。これは大した問題ではないように見えるけど実はとても大切な問題だと思います。

相手のためを思って、相談者が困難に立ち向かう強い意志とヤル気を引き出すために鑑定をするという占い師もいるかと思う。

それがポジティブ鑑定になったり、時には熱血アドバイスになったりする。

でも、それが本当に相談者のためになるという事例は少ないのではという気がする。

ポジティブ鑑定や熱血アドバイスでヤル気が出てくる人は、たぶん占い師の処に来る前に自分で解決している。

占い師の処に来る人は、ほとんどの場合、世間一般の常識的なアドバイスでは解決しない人です。

ページトップへ戻る

②占い師の職分

ポジティブ鑑定や熱血アドバイスではなく、占い師には冷静さが求められると思う。

占いで出た結果を冷静に見極めて淡々とアドバイスをする。

現状はどうなっているのか、何が問題なのか、原因は何か、どうすれば問題を解決できるのか。

まずはそれを明らかにすること。そして順序良く相談者に正確に伝わるように話す。

占い師はあくまでも占いを元に相談者の悩みに応えていくもの。

そして占いというのは、人間がこうなって欲しいなという願望の通りに結果を出してくれるものではないんです。人間の感情を無視してシビアに結果を出してくる。タロットもそうです。

だから本来占いというのは厳しいもの。それを占い師が優しくオブラートに包んで伝えるか、厳しくそのまま伝えるかの違いだけなんです。

占い師は優しかろうが厳しかろうが、占い結果を正確に伝えるのが仕事。

ページトップへ戻る

③占いでヤル気を引き出せるか

占いに来る人は落ち込んでいたり、心が不安であったりして苦しい状態にある。

そういう心境にある相談者を、占い師がポジティブ鑑定や熱血アドバイスでヤル気にさせることができるのだろうか。

ちょっと仕事で悩んでいる新人が先輩からの励ましや熱血アドバイスでヤル気になるというのとはわけが違う。

心に不安を抱えていたり、落ち込みが大きい場合にはもっと心理的に深い観方が必要になってくる。

ポジティブ鑑定や励ましというのは、ある程度心の状態が整ってきてからの話かと思う。

少なくとも占い師は、自分が相談者のヤル気や困難を乗り越える強い意志を引き出そうなどとは考えてはいけない。

そう思って鑑定をすると、相談者はヤル気になるどころか、鑑定が何の意味も無い無駄なものになりかねない。さらには鑑定が相談者の心理状態にとって、むしろ悪影響のあるものになるかもしれない。

人の心というのは微妙な処があるもので、叱咤激励が場合によっては相手の心に土足で踏み入ってしまうことになる。そして心を乱す原因にもなり得る。

占い師は運命だけではなく人の心にもアプローチするもの。そこは慎重になった方がいいと思う。

ページトップへ戻る

④占い師は待つことも必要

関連:  口がうまいとは何か

ヤル気は他人がいくら叱咤激励しても引き出すことはできない。本人が自分で引き出すもの。

たとえ占い師といえども、できることは本人がヤル気を出すヒントをアドバイスすること。それ以上のことをしようとすると、ポジティブになることを無理強いすることになる。

悩みに答えながら、占い結果を元にどうすれば事態を改善できるかをアドバイスしながら、相談者が前に進もうという意識が出てくるまで待つ。あえてそれ以上のことをしようとしない。

足が折れて歩けない人に歩けと言っても無駄です。まずは脚を治療することから始めるのが当然です。

それが心の問題になってくると、骨折した脚をギブスで固定してという治し方ではなく、長い時間をかけてゆっくり取り組んでいかなければいけない。

だからすぐに解決しようという態度ではなく、待つ気持ちが占い師に必要になってくる。

ページトップへ戻る

⑤あえて問題を解決しようとしない

相談者が抱える問題をすぐに解決できるアドバイス、悩みがすぐになくなるアドバイス。そんなものは存在しない。

今を少しでも良くするアドバイス、一歩前に進めるかなというアドバイス。それが現実的なアドバイス。根本的にすぐ解決というわけにはいかない。

だから占い師はこう言っては何だけど、完璧な占断でなくてもいい。少しでも良い方向に行くのであればそれが実用的な占い結果。

たとえば彼氏と復縁するにはどうしたらいいかという相談に対してタロットが「彼の話をよく聞いてあげる事」という結果を出してきたとする。

それだけでは彼の心の状態は?彼女の気持ちは?二人の関係はどういう状況か?など、あらゆる条件を考慮に入れたら、完璧に問題解決できる対処法とは思えない。

それでも今そうすることが、少しでも二人の仲をより良くできるのであれば、それで良しとする。

その後の成り行きは解決ではなく気長に待って、二人の仲が完全に良いという訳にはいかなくても、ズレそうになったらその都度、二人が歩む方向を軌道修正する。

すぐに解決というのは、占い師が人為的に相談者の意志や心の状態を捻じ曲げる可能性があるもの。鑑定の際には注意したいですね。

ページトップへ戻る

ツイッターで占いや運命について書いています。また占いでは人を観るという視点から心理面についても書いています。

2015年7月に「いちばんやさしいタロットリーディングの教科書」をナツメ社より出版しました。リーディング52例を掲載しタロットカード78枚について、正位置・逆位置すべてについて詳細な解説をしています。おかげさまで、2021年8月現在で第15刷発行と版を重ねています。

講座の特徴

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座ではタロットカードの意味を覚える事とリーディング力を身に付けることを同時に学ぶことができます。

いきなり初心者がリーディング力と言われてもピンとこないかもしれませんが、タロットは想像力を働かせれば全くの初心者でもけっこうリーディングができるものです。

逆にカードを暗記することに必死になり過ぎていると、なかなかリーディング力が上達しないというのがタロットです。

タロットはまずは意味に囚われずに自由な発想で読むことが基本です。

そこから徐々にカードの意味をつかんでいきリーディングの幅を広げていくのが最も上達への近道です。暗記から入るのではありません。

本講座では78枚フルデッキを使い、カードの意味をストーリーを通して説明していきます。

そしてカードの意味を理解できたら、次に実践的なタロットリーディングの技法について解説いたします。単なる形式的なリーディングの進め方ではなく、私が実践の中から学んだタロットを読む技法についての説明になります。

これを知ることで長い実践経験がなければ分らないリーディングの理解が深まり、講座を終えてすぐ実際のリーディングに活用することができます。

関連:  心が弱い人の条件

リーディングを理解したところで次に占いに特化したカウンセリング技法について学びます。

膨大な内容のカウンセリングを全て理解する必要はありません。

占い師が実践的に使える占い特化型カウンセリングを修得します。分かりやすく簡潔にまとめたカウンセリング技法になりますので、すぐに理解でき、即座に実践で使うことができます。

講座内容

<タロット講座>

①タロットに秘められた数字と色の意味を掴みタロットを知る

②タロットのストーリーを通してカードを理解する 大アルカナと小アルカナ

③タロットの読み方 詳しいカードの観方について

④タロットリーディングの技法 リーディングの考え方と進め方について

⑤タロットカウンセリング技法 占いをカウンセリングとして考える

⑥タロット鑑定のまとめ

85ページの資料でタロットを学びます
タロットカードの意味を詳しく解説します
読みにくい人物カードを図を用いて詳しく解説
カードの意味が分かったら読み方を学びます
実践的なタロットリーディングの技法について学びます
相談者の心を理解するカウンセリングについて学びます

五段階のステップでタロットを修得します

①タロットカードの意味を覚える

②タロットの読み方を理解する

③タロットリーディングの技法を修得

④タロットを使用したカウンセリング的アプローチの習得

⑤鑑定のポイントを抑える

五つのステップを通してタロット占い師として独立する力が身に付きます。全てのステップを一日で学ぶ講座です。

講座で覚えるスプレッド

〇スリーカード

〇二者択一スプレッド

〇ラ・クルース (手賀敬介オリジナルスプレッド)

〇ケルト十字スプレット

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座では資料を用意しますので当日は筆記用具をご用意いただければ大丈夫です。

タロット1日講座のお申込み

1日講座は大門駅(東京)から徒歩5分のセッションスペースで行います。

詳しい場所は講座申込後にご案内いたします。

駅近くの静かな場所で講座を受けることができます。

鑑定について

ご希望の日にちと時間をご連絡ください。

ZOOM/電話鑑定:15分1500円 30分3000円

対面鑑定:30分5000円

鑑定時間は11時〜20時の間のご希望の時間になります。

目次に戻る

ページトップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました