東洋占術の時差補正について

四柱推命

四柱推命など出生時刻を必要とする占術では時差を補正するかどうかというのは結構大きな問題です。

占い師によって出生時刻を補正するひともいれば補正せずにそのまま使う人もいるかと思います。

それについて私なりに考えてみました。

東洋占術は干支暦を読み解くことで占うものです。干支暦が生まれたのは紀元前15世紀の殷王朝時代と言われています。

ではその時代における時間感覚というのはどのようなものであったのか。

当時は地面に棒を刺して、その棒の影の長さを計測して時間を計っていたようです。棒の影の長さは正午に一番短くなります。そして影の長さを計ることはできませんが理論上、正子(午前零時)が一番棒の影の長さが長くなります。

干支暦を生み出した当時の時間は棒の影が一番短くなる時を正午と定めていました。つまり太陽の動きを元に時間を認識していたということになります。

ページトップへ戻る

②現代の時間について

現代の時間は、日本では兵庫県明石市の時間を基準として全国統一の時間が用いられています。そのため北海道であっても沖縄であっても同じ時間を使っているわけです。

ところが実際には北海道と沖縄では時差が一時間ほどあります。ですから日本の標準時で正午は棒の影の長さが一番短くなる時間というわけではないのです。

太陽の動きから正午を割り出していた古代の時間と現代の日本全国統一の標準時間とは考え方が違います。

占術は古代の人々が考え出したもの。時間に対する考え方も古代の人たちの時間感覚に合わせる必要があります。つまり時刻は時差に従って修正する必要がある。そうでないと占術を正確に読むことができなくなる。

東洋占術では(これも諸説ありますが)23時を一日の区切りとしています。出生時刻を補正しないと、補正前は23時の生まれですという人が補正したら23時過ぎという事態も起こり得ます。

そうなると、これは生まれ日自体が違ってしまうという大問題になってしまいます。場合によっては生れ月や生まれ年すらかわってしまう可能性もあるわけです。

現代の時間感覚をそのまま東洋占術に当てはめてしまうというのは非常に危険です。

ページトップへ戻る

③占術は暦が命

干支暦も古代においては、それこそ干支暦を生み出した人たちは冬至から翌年の冬至までの時間を均等に24等分して一年としていた。それが干支暦というもの。

現代の暦は太陽の通り道である黄道を24等分して、つまり15度ずつに分割して、その15度ずつの通り道を太陽が通るたびに節気と中気を配していく方法が取られている。

これも本来の干支暦の考え方とズレている。そもそも地面に立てた棒の影の長さがもっとも短くなる日を冬至として、そこから太陽の動きを計測して夏至を置き、さらに春分、秋分を配したのが干支暦。

私たちが日常で使っている暦というのは古代人の暦の考え方とは違うんです。そこを考慮せずに干支暦を使って占うというのは問題があると思います。

占いをする前に暦に対する考え方、時間に対する考え方についてよく考える必要があるかと思います。

ページトップへ戻る

ツイッターで占いや運命について書いています。また占いでは人を観るという視点から心理面についても書いています。

タロットリーディング1日講座の特徴

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座ではタロットカードの意味を覚える事とリーディング力を身に付けることを同時に学ぶことができます。

いきなり初心者がリーディング力と言われてもピンとこないかもしれませんが、タロットは想像力を働かせれば全くの初心者でもけっこうリーディングができるものです。

逆にカードを暗記することに必死になり過ぎていると、なかなかリーディング力が上達しないというのがタロットです。

タロットはまずは意味に囚われずに自由な発想で読むことが基本です。

そこから徐々にカードの意味をつかんでいきリーディングの幅を広げていくのが最も上達への近道です。暗記から入るのではありません。

関連:  偏印はこんな人/印綬の特徴

本講座では78枚フルデッキを使い、カードの意味をストーリーを通して説明していきます。

そしてカードの意味を理解できたら、次に実践的なタロットリーディングの技法について解説いたします。単なる形式的なリーディングの進め方ではなく、私が実践の中から学んだタロットを読む技法についての説明になります。

これを知ることで長い実践経験がなければ分らないリーディングの理解が深まり、講座を終えてすぐ実際のリーディングに活用することができます。

リーディングを理解したところで次に占いに特化したカウンセリング技法について学びます。

膨大な内容のカウンセリングを全て理解する必要はありません。

占い師が実践的に使える占い特化型カウンセリングを修得します。分かりやすく簡潔にまとめたカウンセリング技法になりますので、すぐに理解でき、即座に実践で使うことができます。

講座内容

タロット占い師として必要な知識を87ページの資料にまとめています。

ストーリーを通してタロットカードを理解する

①タロットカードはストーリーで構成されています。カードの意味を覚えるにはストーリーを理解することが重要です。意味を暗記するのではなくカードの意味を創造するのがタロットです。

人物カードの観方を理解する

②タロットカードの中でも人物カードは読みにくいと言われています。本講座では図を用いて人物カードをしっかり理解できるように解説します。コツを掴むことで人物カードを読むことができます。

詳しいカードの観方について学ぶ

③タロットカードの意味を覚えたら実際の読み方について解説します。タロットはカードの意味を知っているだけでは不十分です。どうしたら相手にきちんとリーディング結果を伝えることができるのかについて学んでいきます。

タロットリーディングの技法

④タロットリーディングでは絶対に抑えておかなければいけない重要なポイントがあります。タロットを読めても実際に相談者の問題を解決できるわけではありません。ここでは実践的なリーディングする技術について解説します。

タロットカウンセリング技法

⑤相談者の悩みをより詳しく理解するためのカウンセリングについて学びます。占い師がアドバイスをしても相談者に響かないということがあります。実践鑑定ではカウンセリング的アプローチは欠かすことができません。

五段階のステップでタロットを修得します

①タロットカードの意味を覚える

②タロットの読み方を理解する

③タロットリーディングの技法を修得

④タロットを使用したカウンセリング的アプローチの習得

⑤鑑定のポイントを抑える

五つのステップを通してタロット占い師として独立する力が身に付きます。全てのステップを一日で学ぶ講座です。

講座で覚えるスプレッド

〇スリーカード

〇二者択一スプレッド

〇ラ・クルース (手賀敬介オリジナルスプレッド)

〇ケルト十字スプレット

タロット78枚フルデッキ&リーディング1日講座では資料を用意しますので当日は筆記用具をご用意いただければ大丈夫です。

目次に戻る

書籍

2015年7月に「いちばんやさしいタロットリーディングの教科書」をナツメ社より出版しました。リーディング52例を掲載しタロットカード78枚について、正位置・逆位置すべてについて詳細な解説をしています。おかげさまで、2021年8月現在で第15刷発行と版を重ねています。

タロットリーディング実践1日講座のお申込み

1日講座は大門駅(東京)から徒歩5分のセッションスペースで行います。駅近くの静かな場所で講座を受けることができます。

詳しい場所は講座申込後にご案内いたします。

講座料金:15000円 (テキスト代・修了賞代込み)

対面講座:11時~17時

講座修了者には修了賞を授与します。

関連:  四柱推命に開運法はあるか

ZOOM/Skype講座:10時~16時 (希望の日でマンツーマン講座になります)

リモート講座では音声だけでなくお互いの画像が見える形での講座をお願いしております。講座資料だけでなく、画像を通して見せて説明するものもあるため、ご理解のほどお願いいたします。

2名以上でのグループ受講の方は講座スペースをご用意いただけましたら、講座料10000円(通常は15000円)で開講いたします。

目次に戻る

四柱推命 実践1日講座の特徴

四柱推命を実際に鑑定で使えるようになるための講座です。

1日でかなり詳しく自分の素質・強み・気を付ける所が分かるようになります。また運命の流れの中で自分の能力をどう活かすべきか、どう行動するとよいのかを知ることができます。

自分を知りどう自分を活かすかを探るのに四柱推命は最適の占術と言えます。

四柱推命は心理面などは観ませんが、現実的な能力を的確に掴むのが得意な占術です。

これからの生き方を探るのにベストな講座となっています。

講座内容

四柱推命で自分を知り、運命に気づき、そこからどう生きるかを発見します。自分はどういう星の下に生まれたのかではなく、自分をどう活かすかの方向性を知る占術になります。運命を知り運命に翻弄されるのではなく、いかに運命を打開するかを思考するための法術です。

人物像を理解する

①自分とは何か。長所と短所を探ります。自分を知ることで自信がついてきます。

運命の読み方について

②運命の読み方を理解します。先天的に持つ素質から運命の移り変わりを観て、生き方の流れが掴めます。

自分を知り運命を知りどう生きるのがベストなのかを探ります

自分を知る

運命を知る

四柱推命を実践で使える知識を身に付ける

本講座は1日で四柱推命を実践で使えるようにする講座です。1日だから初歩しか学べないという講座ではありません。1日で四柱推命を使えるようカリキュラムを組んで教えていきますのでご安心ください。

目次に戻る

実践で使いこなす四柱推命1日講座のお申込み

1日講座は大門駅(東京)から徒歩5分のセッションスペースで行います。駅近くの静かな場所で講座を受けることができます。

詳しい場所は講座申込後にご案内いたします。

講座料金:10000円 (テキスト代・修了賞代込み)

対面講座:11時~16時

講座修了者には終了証を授与いたします。

2名以上でのグループ受講の方は講座スペースをご用意いただけましたら、講座料7000円(通常は10000円)で開講いたします。

鑑定について

ご希望の日にちと時間をご連絡ください。

ZOOM/スカイプ/電話鑑定:15分1500円 30分3000円 (10時~20時)

対面鑑定:30分5000円 (11時~20時) 鑑定場所は喫茶店もしくは都内のレンタルスペース

ただし、対面鑑定はご希望の鑑定場所(喫茶店等)があれば、そちらまでお伺いして鑑定いたします。ご相談ください。

目次に戻る

ページトップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました